レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン出張(4)

明けて二日目の朝、仕事開始は10時頃からということで、朝一でロンドン塔の観光に。
早起きは三文の得で、場内はガラガラ。

入り口や至るところに、名物Beefeaterがいる。なぜか、恰幅の良いおじいさんばかりで、若いイケメンはあまり見ない。
近衛兵(じっと立っている城守)は、若手だったが。

12_Beefeater.jpg

場内は広く、仕事に遅れてはいけないので、独り早足で一周。
観光場所には、あちこちに羊のショーンがいる。

09_Shaun_TowerL1.jpg

10_Shaun_TowerL2.jpg

11_Shaun_TowerB.jpg

仕事のランチタイムはビュッフェで食べ放題。レストランの食事は決してマズくはない。

13_Lunch.jpg

慣れない英語を集中して聞いて、夕方にはバテバテ。
前日に行ったパブに再度入店。
そんなに遅くない時間だったのに、パブゾーンは満席で、さすがに入り込めずに、奥のダイニング席に...。
今度はソーセージとオニオンリングで、ビールをやはり4パイント!

14_Sausage_Onion.jpg

日本人にはサイドディッシュ一品で充分満腹。(ビールでお腹がいっぱいということもある)

翌朝は通り道にある朝から営業している別のパブで朝食を摂ることに。
まず注文しにレジに行くと、「番号は?」と聞かれるも、意味が分からない...。
これ、実はテーブルには番号が振ってあって、自分で勝手に席を決めて番号を覚えて、注文と同時に席番号を伝えるのがルールらしいので、気を付けてください。

15_GoodmanSField.jpg

生まれて初めて食べたエッグズベネディクト。
くどそうな外観でどーかなぁと思っていたが、いい感じに濃厚でかなり美味だった。

16_Eggs_Benedict.jpg

夕方にはヘロヘロになるも、この日はヨーロッパの参加者は帰宅するため、少し早めの時間に終了。
ちょっと飲み始めるには早い時間だったので、お土産を買いに散策。
リーデンホールマーケットに行くも、あまり観光者用のお土産はない。
しかし、この時間から飲んでいる人の多いこと、テラス席(?)は満席...ある意味、余裕のある生き方をしていると、少し羨ましい。

17_LeadenHall_Market.jpg

この辺り(City)は、新旧の建築物が、調和しているのか無秩序なのか分からないが、街の歴史と活性感を与えてくれる。
歩いてお腹をこなしたところで、再度いつものパブに。
今日はパブ席が空いていたので、陣取る。
こんな椅子に座って、ビールを飲んでると、それだけで楽しい気分に。

18_HG_Chair.jpg

この日はオーシャンパイを注文。
最初のオーダーでは発音が悪く、スパークリングワインが来てしまった...自分が悪いし、注文違うとも言えない。
常連さんは立ち飲みで話に盛り上がり、やや騒がしいので、単語の抑揚と発音の伸ばすところと、口の動きで判断されているようにも。

19_OceanPie.jpg

これも付け合せがサイドディッシュで、パイがメインとなるので、充分お腹いっぱい。
とてもじゃないが締めでバーガーやドッグ系を食べる気にならない。
最後の夜もビールとともに更けていくのであった。

最終日はお昼の便なので、朝食を駅付近のお店で食べようとするも、お目当てのお店は潰れていたようなので、空港で食べることに。
パンディントン駅から、ヒースローエクスプレスに乗り込む。
そう、パンディントンと言えば、くまのパンディントンのキャラクタが有名。
子供用のお土産はここでゲットだ。

21_Paddington.jpg

空港では、ロンドンっぽい朝食を食べようと、それっぽい喫茶店へ。
最初に注文したパンケーキがなかなか出てこないと思ったら、ウェイトレスさんがオーダーを通すのを忘れたみたいで、慌てて早くできるものを奨めてきた。

22_Breakfast_Airport.jpg

ベリーが良い感じで酸っぱく、生クリームもくどくなく、なかなか美味しい。
へんなくどい甘さは苦手だけど、素朴な甘さがグッド!
会計しようとしたら、店側の不手際で料理が遅くなったので、タダで良いと!!
とても紳士的な行いに、先進国イギリスの心意気・おもてなしの心を見た気がした。

チェックインして、鬼嫁の買い物を済ませて、余った現金を使うために、最後は立ち飲みで。

23_BeerAirport.jpg

ポテトチップ一袋で3パイント。ビールは別腹ですな。
どこのお店も沢山の種類のビールが楽しめるのがSo Good!!

イギリス料理は(ロンドン市内では)美味しいところばかりで、ビールも10種類以上飲めて、大満足なロンドン出張であった。
スポンサーサイト

ロンドン出張(3)

今年のGW前のことを今更ではあるが、ロンドンに遊びに行かれる方のため、プチ情報を。
独り旅だったので、お独り様でも行けるお店もあります。

前回のロンドン情報は、こちら↓でご確認を。

ロンドン出張(1)

ロンドン出張(2)

前回の宿泊地は市内西部(Notting Hill Gateのさらに西のShepher's Bush)だったのに対し、今回は市内東部(Aldgate)だったので、前回行けなかった観光地に足を運ぶことができた。

今回は時間節約のため、ヒースロー空港からロンドン市内まではヒースローエクスプレスを利用。
事前にイギリスの観光Webサイトで予約して、eチケットのプリントアウトを持参すればOK。

01_HExpress.jpg

ただ、等級があるのだが、どの車両がハイグレードなのか良く分からず乗車するも、何も言われなかったので問題なかったのだろう。

ホテルは学会指定のホテルだと、1泊ウン万円もするので、自主的に近所の安価なホテルを検索。
モダンな感じのホテルを発見。しかも、かなりリーズナブルなお値段のビジネスホテル。

02_IBIS_Hotel.jpg

隣のビルの1階にスーパーが入っているので、朝食や飲料水の買い出しが出来て、とても便利!
荷物を置いて、夕方の散策に。

04_TowerL.jpg

ロンドン塔の周囲の道から、タワーブリッジをパチリ。
この後、タワーブリッジに登って、階下を走る車と河を見下ろしながら、ロンドン市を臨む。
お約束の角度から。

05_TowerB.jpg

前回はパブでフィッシュ&チップスを食べられなかったので、今回は初っ端から挑戦だ。
トリップアドバイザーのサイトから、Hoops&Grapesというパブが良さそうと、乗り込んでみた。

06_Hoops_Grapes_Appearance.jpg

うん、ロンドンのパブっぽい雰囲気が二重丸だ。

07_HG_Pub.jpg

そしてお目当てのフィッシュ&チップスを!

08_Fish_n_Chips.jpg

で、で、デカイぞ!!1人でほっけの開きを1匹食べるようだ。
3パイントのビールを飲んだところで、お腹いっぱいになったため、ここで退散。
ウェイトレスさんが来てくれる席(ダイニング)に座ったため、サービス料が必要だったので、次回はパブゾーンに挑戦だ。

つづく

桶狭間の戦い?(2日目)

三河安城で比較的ゆっくりめに朝を迎えた。
朝食は名古屋といえば、喫茶店でヒーコーということで、おデブの は、ホテルの朝食抜き。

チェックアウトして、てくてく歩いてコメダ珈琲に。

Komeda Coffee Nagoya

コーヒーを注文すれば、トーストと茹で卵が無料で付いてくるのは本当だった。
野菜不足を補うため、サラダ(200円)も。
少しまったりとして、いざ出陣。

さすがにGIとあって、中京競馬場前駅の構内はなかなかの混雑。
Fさんの回数券で入場し、もはやベテランのように昨晩合流したT君を案内した。
さて、予想を始めると、プレゼンターがTOKIOということを聞いた愛子 から、メールで「達也君の写メを撮って!」とのリクエストが。

9R前には、メインまでの馬券を全て購入して、ウィナーズサークルの前列にスルスルと前進だ。
すると、東海テレビの競馬番組の収録が。

Hoto Saito

雨上がりのホトちゃん、ジャンポケ斎藤さん、東海テレビ武アナウンサーが目の前に。
ホトちゃんは大物だけあって?周りの声に無反応なのに対し、ジャンポケ斎藤は時折手を振るサービス精神があったのに好感。

数時間立ちっぱなしで漸くメインレース。

Fanfare.jpg

馬券は予想は良かったが、馬券下手で外してしまったが、クヨクヨしているヒマはない。
TOKIOを撮らなければと馬場に集中。
しかし、、、表彰式はウィナーズサークルではなく、ゴール板前だ...

馬場に入るときと、表彰式後に馬場から戻るときしかシャッターチャンスがない。

TOKIO Winers Circle

先頭から長瀬、国分、松岡、城島、山口の順に一応見れるも、ファンサービス全くなしで過ぎて行ってしまった。
(一応、この直後に、遠目に山口君の顔も撮れたが)
最終レース終了後に、パドックでTOKIOトークショーがあったので、仕方ないかもしれないが、素っ気なかった。

夕方だいぶ寒くなったので、場内のパノラマカーで小休止(暖房が効いてて暖かい)。

Panorama Car

はトータルで回収率150%弱程度。
片道の電車賃も回収できなかった。

帰りは混雑もあり、ぎりぎりでひやひやだった。
(特急電車がなかったら、新幹線乗り遅れ)

次回は、沢山の仲間たちで遊びに行きたいものである。
もちろん、最後はプラス収支で




桶狭間の戦い?(1日目)

織田信長が一大名として、その名を轟かせた戦いの地、桶狭間。
歴史を学ぶべく、名古屋に友人たちと赴くこととした。

というのは全くの嘘である

毎年、東京(府中)あるいは中山競馬場に行く仲間たちと、今回は桶狭間の近くにある中京競馬場まで遠征しただけのことである。
目的は、近年有馬記念との関わりが深い金鯱賞(GII)だ。
ところが、フタを開けると翌日にジャパンカップダート(GI)から衣替えしたチャンピオンC(GI)が中京競馬場で開催されることが分かった。竹野内豊が結婚式のスピーチで新しいスタートとCMしている例のヤツである。
土日と二日かけて、中京競馬場に遠征とあいなったわけである。

初日土曜日は、普段会社に行くより早起きして、東海道新幹線に乗り込む。
Fさんの取り計らいで、ぷらっとこだまのグリーン車でプチ贅沢。
ビールは控えめに350mL×2本で抑える。

道中快晴じゃ!

Mt Fuji Shinkansen

と思っていたら、段々と雲が増えてきて、名古屋駅に着く頃にはみぞれに...サブい

身体を温めるためには、味噌煮込みうどんでしょ、ってことで、山本屋本店(エスカ店)に。
まだ11時半くらいというのに、20~30人の行列。
ちょっと不安になったが、案外流れて20分くらいで席に付けた。
うどんはある程度前もって茹でているのか、想像より時間がかからず出てきた。
(それで回転が早いのかも)

Yamamotoya-Udon.jpg

大人の贅沢ということで、名古屋コーチン入り味噌煮込みうどんに。
うどん、汁、鶏肉、すべてが実に美味しい。
個人的には、山本屋総本家よりは、山本屋本店の方がマイルドかな、と思われる。
(クセの強さを求める向きには、総本家の方が良いかも)

腹を満たしたところで、いざ出陣
(売店で折り畳み傘を買って、脇差に)

名鉄で中京競馬場前駅に降り立つ。
人がマバラだ...競馬開催日の府中本町駅や船橋法典駅とは違う。
改札を出て少し歩くと、100mおきに案内版?が。
それがこれだ↓

Annai-1F.jpg

全然可愛くないぞ、JRAさん...

そして、Fさんから入場回数券を頂き、改装されてキレイになったという中京競馬場の中へ。
入り口から直線で200mくらいでパドックが。なかなか見やすい感じである。
まずはゴール前まで行ってみよう!と、スタンドを横切ろうと入ると、直ぐ目の前に外がありゴール板らしきものが見える。
ん、このパドックと馬場の近さはなんだ?という不思議な感覚の中、スタンドを抜けるとそこはゴール前。
右を見ると、すぐに1コーナーが。
左を見ると、ローカル競馬場の中では新潟に次いで長い直線。しかも坂がある。
さらに後ろ左方向を見ると、スタンドの端がすぐそこに見える??
あれ、っとスタンド全体を見ると、短い...かなぁ。
Fさんと、一般席の2階、3階を見に行ってみようと探検するも、ほぼ一か所の階段のみで足りる感じ。
府中や中山と比較すると、箱の小ささがむしろローカル競馬場に来た感が味わえる、というものだ。

3階席からレースを見ていて驚いた。
向こう正面を走る馬が良く見えるのだ
モニター(スクリーン)を見なくても、勝負服や帽子の色で位置取りが分かるのである。
Fさんの名言が、飛び出した。

「向こう正面が、ほぼ馬だ」

なお、この対義語は、「向こう正面は、ほぼ豆だ」である。

初日は3レースのみ参戦。
は3戦1勝で、やや負け。
Fさんは、、、なんと3戦3勝、しかも東西メインをダブル3連単で当てるという快挙。
ついに時代がきたか!と大はしゃぎするも、配当を見てテンションが下がってしまったのはご愛嬌だ。

この日は早めに、行列を回避するために夕食に向かった。
行った先は、あつた蓬莱軒本店(蓬莱陣屋)である。
当然、注文はひつまぶしである。

Horaiken-Hitsumabushi1.jpg

しかも、いきない、ひれ酒を飲んじゃうのである。
ああ、これを贅沢と言わずして何を言う、という状況である。
当然、名物の出汁のお茶漬けを楽しむ。

Horaiken-Hitsumabushi2.jpg

名古屋の夜は長い。

これから、愛媛→羽田→名古屋と飛行機を乗り継いで来る仲間を待たねばならぬ。
とは言え、お腹いっぱいで何も入らない。
熱田神宮から金山まで歩いて腹ごなしをして、次に向かったのは風来坊金山店である。

Fu-Rai-Bo.jpg

手羽先唐揚は絶品だ。この後、何回おかわりしたか記憶にない。
ビールはお腹が膨れるし、プリン体が多いので、酎ハイに切り替える。
お湯割りがない、ということでちと高めのうめ酎ハイを注文。
すると、瓶と氷入りのグラスが...初めからできあいの酎ハイ、しかもアルコール度数が低い。
次からウーロンハイを頼んだことは言うまでもない。

Ume-chuhi.jpg

写真のおつまみは、どじょうの唐揚で、独特の味付けで実に美味しい珍味だ。
仲間と合流して、閉店時間まで飲んで、ホテルへと一行は向かうのだった。

早い時間から飲んでいるせいか、Fさんはホテルに着いたら音信不通に。
(翌日も元気がなかった...)

つづく

連休中日

勤労感謝の日を挟む三連休も今日が中日。
愛子 は、夏休みもずーっと頑張って練習してきた新体操の大会の発表日。
結果はともかく、練習したなりの演技ができたかと。
きっと練習をしっかりしなければ、もっと納得のいかない演技だったと思うので、その過程を誉めてあげたい。

選手と母たちでお疲れ様会、ということで は独り帰って晩酌開始。

今日は、さんまと大根の煮物を作ってみた。

だし用昆布、しょうが薄切り、酒、水を煮立たせる。
大根とさんまを落し蓋をして煮て、火が通ったところで、砂糖と味醂を投入。
完全に火が通ったら、醤油としょうゆ麹を足して、さらに煮込んで完成。

Samma_Daikon.jpg

少し砂糖を入れ過ぎたか...しょうが千切りをぱらっとまぶして引き締める。
薄い焼酎お湯割りでちびちびと

これから晩御飯は昨日の残り物ですます。

も喜んでくれた、(鉄板の)ソーセージと茶豆のトマトソースペンネ。

Pasta_Tomato_Bean.jpg

野菜不足解消用に、ブロッコリーとエリンギのバター醤油炒めも。

Butter_Syouyu_Bro_Eri.jpg

ビールに戻りたくなってしまうメニューで困ったもんだ。
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。