レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

東京優駿(日本ダービー)

もう春のGIシーズンも終盤。ダービー、安田記念と宝塚記念を残すのみ。
競馬の祭典ダービーは相性が悪いが、予想のスタイルは変えずに。

NHKマイルCを日本レコードで勝ったダノンシャンティの取消は残念だ。
過去のNHKマイルC馬の多くは、その消耗の大きさからその後伸び切れない馬が多かったことも事実。
3歳に究極のマイル戦がその後に与える影響は必ずしも良いものでは無い気がする。

さてダービー、府中二千四百がもっとも適舞台と考えられるスケールの大きさ、
という観点から選びたい。

本命はペルーサ。ハイペースの若葉賞を力でねじ伏せ、平均ペースの青葉賞で圧倒的なパフォーマンス。
若葉賞でねじ伏せた相手が皐月賞で不利あって2着のヒルノダムールなら、力関係で皐月賞馬と差はない。

相手はそのペルーサに食い下がったヒルノダムール。若駒賞・皐月賞で見せた末脚は府中でこそ活きる。

単穴には、皐月賞で本命にしたレーヴドリアン。爆発的な末脚は世代ナンバーワン。
人気馬達が3角早めから動き出し最後の直線で脚が鈍る消耗戦となる展開になれば、外から一気に突き抜ける。

要注意はペルーサとヴィクトワールピサが牽制し合って、前が楽になったときのコスモファントム。
暮のラジオNIKKEI賞で皐月賞馬と差の無い競馬をしている。休み明け前走でも渋太さを発揮。

押さえには、前残りの展開があるならエイシンフラッシュも侮れない。
内枠からロス無い競馬をすれば見せ場を作れる。

前走で速い上がりの勝負を抜け出したゲシュタルトもペース次第では。
母の父エンドスィープは時に大物を出す。大一番で強い血統である。

皐月賞馬ヴィクトワールピサの瞬発力は世代屈指だが、皐月賞向きという印象。
思えば父ネオユニヴァース、その子ロジユニヴァース共に重馬場・不良馬場のダービー馬。
府中で良馬場では、最良のパフォーマンスが引き出せるか疑問が残る今回は、人気の妙味が無いことから評価を下げた。

血統的にはローズキングダムも有力だが中間のざ石の影響があり、体調に不安あり。
跳びの大きい超良血ルーラーシップも府中向けだが、本格化は秋以降か。今回は掲示板止まりか。

◎ 09 ペルーサ
○ 12 ヒルノダムール
▲ 02 レーヴドリアン
△ 05 コスモファントム
× 01 エイシンフラッシュ
× 13 ゲシュタルト
× 07 ヴィクトワールピサ
スポンサーサイト
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード