レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

有馬記念

もう何年、何十年?になるだろう。
この有馬の時季になると、「終わり良ければ全て良し」と自分を奮い立たせて、
反省ままならぬうちに、「始めが肝心」と金杯にうつつを抜かす。。。
ほんっとに人間成長しないですね(笑

それはさておき、今年最後の予想を。

近年の3歳GI馬で有馬記念を制した馬は
マンハッタンカフェ(菊花賞)、シンボリクリスエス(天皇賞秋)で、
ダービー勝馬&JC勝馬(ジャングルポケット)はその年の有馬記念は勝てていない。
府中と中山のコース形態の違いは大きい、と言わざるを得ない。

本命はエイシンフラッシュとした。前述ダービー馬だが、中山での重賞勝ち、
皐月賞ではあと1Fあれば、という内容で、決してレース下手ではない。
秋に思いがけず一休みした点がむしろ好転する方に賭けたい。

相手には、実力からブエナビスタは外せない。中団から前にも付けられるし、
抜け出す時の瞬発力にはほれぼれする。

単穴には、GI実績がないが前走スケールの大きさを感じたトーセンジョーダン。
中山コースとの相性が良く、格の違いを補えれば馬券圏内か。

要注意には、皐月賞馬ヴィクトワールピサ。距離が微妙に長い気がするが、
直線の短い中山でこその地脚タイプ。デムーロが距離ロスなく内で粘らせるか。

押さえには、本命馬と同様のローテーションで挑むオウケンブルースリ。
この馬はどちらかと言えば、府中や京都外回り向きの不器用な雰囲気があるが、
昨年のジャパンカップは今年よりハイレベルな一戦でタイム差なしの2着。
人気以上の実力はある。

昨年の春秋グランプリ連覇を果たしたドリームジャーニーの取捨が難しい。
体調が今一つとの情報もあるが、万全ではなくてもオールカマーで差してきた脚(悪夢)が
忘れられない。保険で押さえておきたい。

中山巧者という点ではネヴァブションだが、このメンバーでは直線残れるか微妙。
有力馬が牽制し合った時の楽逃げが条件か。

ブエナビスタとそう差がないレッドディザイアだが、外枠の不利がある。
ワイドか3連単の3着付けが精一杯か。

ペルーサは中山経験ゼロなのが大きな減点。陣営はここが目標ではないはず。
今回は消しで、来年の府中では本命としたい。

◎ 10 エイシンフラッシュ
○ 07 ブエナビスタ
▲ 04 トーセンジョーダン
△ 01 ヴィクトワールピサ
× 13 オウケンブルースリ
× 12 ドリームジャーニー
× 02 ネヴァブション
× 15 レッドディザイア
スポンサーサイト
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード