レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

第58回 有馬記念

今年もいよいよ有馬記念、年の暮れが来たことを感じる風物詩です。

海外帰りの が朝寝坊している間に、鬼嫁 と愛子 は予想していたようで、今回は三連複だ!と鼻息が荒い

今年の秋のGI戦線は、JCダートのみ的中と、寂しい結果ではあった。本命(◎)をまともに予想していたら当たったケースも多かったが、穴党としては妥協は許されない。

さて、今年の有馬記念は非常に寂しいメンバー。GI馬が3頭しかおらず、3歳クラシック馬が1頭もいない。
1番人気のオルフェーブルは海外帰りで本調子ではないと思うが、この相手なら8分のデキでも勝ち負けだろう。
一方、2番人気のゴールドシップ。時計のかかる開催最後の馬場に滅法強いが、集中力を欠く今秋の走りからブリンカーを付け、鞍上をムーアにスイッチしてきた。これで一変したら勿論勝ち負けできる力はあるが、切るのも一手だ。

逃げ馬不在の今年の有馬記念。逃げる可能性があるのはトーセンジョーダンか。前走のJCではスローを活かした積極策でバテずに差のない3着と完全復活。春天2着の実績もありスタミナも不安なく、ジャングルポケット産駒がやや不安も父と違い自在性があり重い印は必要だ。
同じジャンポケ産駒で自在性のある中山巧者のヴェルデグリーン。好位からソツのない競馬ができれば面白い。JCをパスしたローテーションも好感が持てる。
前走JCで本格化を感じさせたアドマイヤラクティ。ディープインパクトを破った父ハーツクライのような競馬ができれば勝ち負けだ。
ちょっとスブイ面があり瞬発力勝負に弱いネオユニヴァース産駒のデスペラードは、スローから瞬発力勝負の競馬は向いていないが、仕掛け処で付いていければ、バテない脚に期待したい。
中山コース巧者のナカヤマナイトは叩き三走目で前走は着順ほど悪くない。
大穴にダービーでキズナとコンマ4秒差だった、休み明け2戦目のラブリーデイを狙う。父キングカメハメハに母父ダンスインザダークならスタミナ、パワー、スピードは問題ない。

◎ 02 ヴェルデグリーン
○ 16 トーセンジョーダン
▲ 10 アドマイヤラクティ
△ 05 デスペラード
× 06 オルフェーブル
× 15 ナカヤマナイト
× 08 ラブリーデイ


スポンサーサイト
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード