レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞

いよいよ秋のGIシーズン。

叙々苑のメニューを「右から左全部持ってきて」を目指して、予想を頑張ります 

ま、落ち向こうを張れ、ではありませんが、笑いのネタにでも。

3才牝馬は夏を超えて、春の勢力図が変わったかどうか、の見極めが重要である。

本命は、春クラシックは骨折で棒に振ったアヴェンチュラ。
3才GIでは、古馬準オープン勝ちの実績があれば通用するのが持論。
準オープンどころか、重賞勝ちまであり、父も3才秋にJCを制した成長力ある血統。
文句なしの一番手評価だ。

相手にはマイネイサベルを抜擢。これまでのレースは全て僅差。
一番人気のホエールキャプチャとの前走の差は、内外のコース取りの差。
あと1Fあれば、という内容だったし、父テレグレノシスも長く活躍した。
そのホエールキャプチャをマークできる枠で、きっちり捉える。

トニービンを父の父という本命・対抗だと、京都内周りの器用さに欠ける心配もある。
器用さという意味では、スッと先行ポジションを取れるオークス1、2着馬。

穴を開けてきたのは人気薄の逃げ馬か追い込み馬。
単穴には、道中1、2番手を取ると予想されるピュアブリーゼ。

早めにレースが動いた時の底力ではエリンコートが要注意。

自在なレースができるホエールキャプチャは押さえる。

マルセリーナは前走前に壁が出来ず力んで走っていた。
今回は最悪の大外。壁を作るために位置を下げると前を捉えきれない可能性もある。

二転三転の展開なら、デルマデュルガーの追い込みまで警戒か。
前走の紫苑Sは秋華賞に近い展開にも見える。

大穴には人気薄で激走するロドリゴデトリアートの血が怖いリトルダーリン。


◎ 04 アヴェンチュラ
○ 15 マイネイサベル
▲ 06 ピュアブリーゼ
△ 09 エリンコート
× 12 ホエールキャプチャ
× 08 デルマデュルガー
× 03 リトルダーリン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。