レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セット!稚エビよ育て!!(2)

レッドビーシュリンプの繁殖環境を整えるのが第一義!

だが、水草もそれなりに育てたい。

水草の根張りを考えたら、田砂が一番!
ということで、田砂ベースにソイルをセットすることに。

用意したのは、

■ 田砂                 (エイエフジャパン企画)
■ 硬質ブラックソイル 中粒     (新潟N○BR)
■ ショール トルマリン パウダー  (メーカー不明)
■ シュリンプバクター         (えび天)
■ 微生物の素             (シラクラ)
■ イニシャルスティック(鉄系)    (テトラ)
■ クリプト(カリウム系)        (テトラ)
■ Nanoスポンジフィルター NS-30 (LSS Laboratory)
■ Exパワーフィルター75ユーロ   (テトラ)

です。ソイル以外はch○amでポチッっと入手可能。

先ずは、水槽を洗ってからトルマリンパウダーを。

set01

続いて水草の肥料をパラっと。

set02

次に田砂を水道水ですすぎ、塩素を中和(無毒化)した水で馴染ませてベースを。

set03

横から見ると、奥が高くなる様に。

set04

ここでバクテリアの素となるものをパラパラと。

set05

ソイルを飼育水で染み込ませた後、水道水で細かい砂を流し落とし、
塩素を中和してから優しくセット。

set06

粒をつぶすと、泥のもとなので優しくなでる様にして。。。

set07

これまた優しく他の水槽の飼育水と中和水道水を足していく。

set09

全くもって適当に、、、南米ウィローモスをテグスで巻き付けた流木と
スターティングプランツをセット。
手前:ヘテランテラ
中景:ハイグロフィラ・ポリスペルマ、ロタラ・インディカ
センタープラント:クリプトクリネ・ウェンティ・トロピカ、
後景:ミリオフィラム・マトグロッセンセ、ロタラ・ロトンディフォリア
その他、石に付けたミクロソリウムナローリーフなど。

day0

この後、ろ過器を回して透明度が上がったら、スターティングフィッシュを導入。

(後日談)ブラックネオンテトラ数匹を入れたのだが、知らぬ間に小魚を産んでいて、
     親魚を戻した後に、どうやら稚エビを食していた様だ。
     エビ導入後に流木やヒーター、ろ過器を外して、大捕り物となった(苦笑)
     スターティングフィッシュには「つがい」を入れない事をお奨め!!

外部ろ過のろ材は、
下段:リングろ材(他の水槽のものを流用し、早い立ち上がりを期待)
中段:プリウレタン洗車スポンジ(最高峰のコストパフォーマンス)
最上段:物理ろ過用にウールマット
という構成。

セット2ヶ月後はこんな感じに。

2months

セット3ヶ月後は。。。

3months

アマゾンチドメグサも導入し、抱卵個体と稚エビも常にいる様な状況に。
しかし、選別の苦労を知りだした次第。。。

現在は、軟質モンモリナイトと守門鉱石を導入中。
ミクロソリウムも本ナロー、ノーマルタイプ、ウェンディロブを少量ずつ。。。

センスのカケラも無いごっちゃごっちゃ水槽です(恥)
スポンサーサイト
コメント
おめですぅ~♪
どもe-343

ブログ開設、おめでとうございます。v-425
楽しく続けて行きましょうね。v-291

稚えびも順調に育つようになったようで一安心ですね。
いよいよ選別に突入ですか、ファイトですぅ~。v-291
2010/02/20(土) 17:58 | URL | まるひろ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。