レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第73回皐月賞

今日は天気は良いものの、風が強い。
気ムラな馬は走る気を失くす、なんてこともあったりするとかしないとか。

デビュー3連勝して、クラシックは2強対決と言われたエピファネイアとコディーノ。
前哨戦を惜敗したものの、本番では見直す必要がある良血馬。
シンボリクリスエスが果たせなかった3歳クラシック制覇は、オークス馬を母に持つエピファネイアに託された格好だ。スローペースしか経験がないのが懸念点ではあるが、折り合いに難がある馬。道中流れる底力勝負の方が良いとも見れる。
同じことは折り合いがつかず取りこぼしがあったコディーノにも当てはまる。
とは言え、人気馬同士で決着しないところが、中山二千の舞台。

割って入るなら、桜花賞でワンツーを決めたディープインパクト産駒から選ぶ必要があるだろう。
跳びの大きい府中向けのカミノタサハラよりは快速ストームキャットを母父にもつインパラトールが妙味だ。絞れて切れが増せば、イン突きが面白い。

穴党としては本命にしたいのは、中山コースで、そして日本調教馬で唯一ディープに土を付けたハーツクライ産駒フェイムゲームだ。中山巧者バランスオブゲームの弟という血統も強調材料だ。

押さえには、桜花賞同様相手なりに走るミヤジタイガ。
ムラ駆けするメイケイペガスターは、いかにも穴党好み。

◎ 16 フェイムゲーム
○ 02 インパラトール
▲ 12 コディーノ
△ 14 エピファネイア
× 15 カミノタサハラ
× 06 ミヤジタイガ
× 01 メイケイペガスター
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。