レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Soul Mission

昨日、今日と鬼嫁 と愛子 が部活動に外出中に、久しぶりに愛盤(と言ってもCDですが)を聴いています。

今回ご紹介するのは、"Soul Mission"というタイトル名のゴスペルをベースとしたご機嫌のソウルミュージックです。
参加ミュージシャンが、また涙ものです。ギターにはSteve Cropper、オルガンにBooker T. JonesというGreen Onionsで有名なMG'Sの顔二人が参加
ドラムのJames Gadsonも、Soulファンには感涙ものですね。
Vocalにはディーバが揃い、Mavis Staples、Tata Vegaなど大御所を迎えています。

ゴスペルベースと書いたように、教会で神・イエスキリストを称賛した歌詞が根本にあり、人間(黒人)の魂が詰め込まれた名曲が詰まりまくっています。

オープニングナンバーは、Table in the Widerness
和訳すれば荒野の食卓。
将来の見えない絶望と僅かな希望の中で、愛と寛容を感謝し、弱者が声高く叫ぶ、心に響く曲です。

アップテンポなタイトルソング、Soul Missionはご機嫌なチューン。
魂の使命に従う、そして親のように助けを差し伸べる周りの存在に感謝します。
残念ながらYoutubeでは見つけられず。

そして、毎回涙が零れ落ちる壮大なバラッドCross of Stone。
大事なものを忘れた者たちに、自らを犠牲にすることをも厭わず、世界を目覚めさせるために、強い意志を持った唄。
これも残念ながらYoutubeでは見つけられず。

心浮き立つ、これぞゴスペルの醍醐味的な、後半に段々とアップテンポになって盛り上がるTear This House Down。
破壊的な曲だが、神の声に応え、殻を破ることを決意した、そんな曲です。
これも、残念ながらYoutubeでは見つけられず。

ゴスペルの壮大なバラッドのHe Is Amazing
過ちを犯した者を救う、神の存在を唄にした曲です。
是非、一度お聴き下さい。

ブルースブラザーズに通ずる、ソウルミュージックを心から愛する、その愛を感じることのできる名盤です。
発売は1993年なので学生時代だなぁ、研究室で夜中に聴いていた記憶が甦ります。
ブルースブラザーズの映画とサントラは一体何回視聴しただろう...まだVHSビデオの時代ですね。

ブルースブラザーズと言えば、まだ大阪にUSJが出来る前に、ロスアンゼルスのUniversal Studioに行ったとき、Blues BrothersのSHOWを3回も見て、Water Worldの最終時間に間に合わなかった記憶が...
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。