レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第149回 天皇賞(春)

今年の天皇賞(春)は比較的メンツが集まったのではないだろうか。
しかし、今の京都競馬場の芝コースは異常とも言える高速馬場。
馬の脚への負担が不安である。怪我なく無事に回ってきて欲しいところだ。

馬券的にも、この高速馬場への適応が鍵だろう。
京都外回りコースで上がりが早い、となればディープインパクト産駒から買うのが鉄則。
しかし、ディープ産駒はマイル~中路線では異常な強さを発揮するが、長距離実績がイマイチというのも事実。
上がり勝負に持ち込みたくない陣営の仕掛けどころでは、消耗戦となり掲示板から消える人気馬もあるかもしれない。

過去に大穴を開けるタイプは逃げ馬だ。
だが、ゴールドシップが早めに鈴を付けに行き、4角~直線を向いたら先頭となる展開だろう。
ゴールドシップを見ながら、脚を余したくないウインバリアシオンとフェノーメノが仕掛ける。
その外からキズナが足を伸ばす。
となると、直線では底力勝負となるが、道中のペースが速いようだと後方からの差しが決まる可能性もある。

本命は、少し鈍重な母父エリシオだが、ディープを有馬記念で破ったハーツクライ産駒で、成長力が魅力のアドマイヤラクティ。昨年のJCがコンマ1秒差の4着なら、上位とそれほど差はない。

対抗には、目の上のたんこぶがいなくなった(オルフェーブル引退)ウインバリアシオン。鞍上がヘタッぴなシュタルケなのが心配だ(メトロポリタンSはヒドかった)。

単穴は、母父にトニービンを持ち、京都は5戦して全て3着以内のアドマイヤフライト。内枠を利して、好位から最内抜け出せれば面白い。

要注意は、前走まくり気味に行って押し切った内容が光るフェイムゲーム。馬群で死んだフリをして、直線で爆発して欲しい。

日経賞では万馬券を取らせてもらったホッコーブレーブまで押さえる。

高速馬場では、カク外のレッドカドーとネオユニヴァース産駒のデスペラードは買えない。

◎ 15 アドマイヤラクティ
○ 12 ウインバリアシオン
▲ 02 アドマイヤフライト
△ 10 フェームゲーム
× 14 キズナ
× 08 ゴールドシップ
× 06 ホッコーブレーブ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。