レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

第19回 NHKマイルC

府中のマイルといえば、のウンチクはもう十分だろう。
今回は別の切り口で予想してみたい。

まずは相手関係から。
2歳時のデータなので参考になるかどうかちょっと怪しいものの、新潟2歳S(1600m)の結果は以下の通り。

1着:ハープスター(3F 32.5)
2着:イスラボニータ(3F 33.7)3馬身
3着:ピークトラム(3F 33.8)ハナ
4着:ウィンフェニックス(3F 33.3)クビ
5着:マーブルカテドラル(3F 34.2)ハナ

桜花賞を制したハープスターは別格として、皐月賞馬イスラボニータとタイム差なしの成績のあるピークトラムとウィンフェニックスに注目だ。
新潟、府中、中京は左回りで直線が長い。
このコース特性に合致しているかどうか、ということだ。

ピークトラムは左回り[1 0 1 0]で、中京の未勝利(1600m)を勝ち、上記新潟で3着だ。
距離を伸ばすと成績が落ちていく点がマイナスだし、切れる脚がなく時計勝負では分が悪そうだ。

一方、ウィンフェニックスは左回り[0 3 0 1]で、勝ち鞍こそないものの、府中の新馬(1600m)、いちょうS(1800m)、百日草特別(1800m)が2着、というもの。
しかも、いちょうSの勝ち馬が皐月賞馬でコンマ2秒差。来たらデカイぞ(笑)

断然1番人気のマイル4連勝(うち重賞2勝)のミッキーアイルは、サイレンススズカを彷彿とするスピード馬の印象。とは言え、無謀なスピード馬というよりは、押さえが利くので終いも伸びるタイプ。
中山、京都、阪神で勝っており、それほど府中がダメという気もしない。

距離が伸びて味が出ないサトノルパンも買いづらい。母は穴党好みの穴で走った実績馬かつディープ産駒だが。

桜花賞から参戦する牝馬も当然軽視できないが、上がり目は「?」だ。イレ込み癖もあるので、当日の気配次第だ。

スプリングS馬ロサギガンティアは器用な小回り向けの印象。千八2勝は魅力も、府中マイルではショウナンワダチに切れ負けしている。
ショウナンワダチは母父クロフネが、府中マイル適性を感じさせる。
マイル戦では、ショウナンワダチに2戦2勝のショウナンアチーヴにも印を回す。

普通なら毎日杯組は重視しなくてはいけないが、勝ち馬マイネルフロストが青葉賞で案外な感じでレベルに「?」が付いた。エイシンブルズアイは一流どころとは差がある印象だ。

大穴はハイペースで逃げ馬総崩れの中、先行して掲示板を確保している牝馬ながらベルルミエールだ。距離実績の不安は否めないが、前2走で大崩れしていないところは3着付けとして狙いたい。

◎ 14 ウィンフェニックス
○ 12 ショウナンワダチ
▲ 05 ショウナンアチーヴ
△ 10 ミッキーアイル
× 18 ピークトラム
× 04 ロサギガンティア
× 06 ベルルミエール
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード