レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

第75回 オークス(優駿牝馬)

今年のオークスはハープスター1強の下馬評。
府中がBコースとなってからのGIは2戦連続逃げ切り勝ち。
強い逃げ馬なら逃げ切れる、絶好の馬場コンディションだが、非力な逃げ馬では逃げ切れない。

ハープスターが上がり3F 32秒前後の大外一気の追い込み掛けるとしたら、その前の馬は先行勢なら33秒台、差し馬勢は33秒台前半で走らないと、あっさりごぼう抜きされる計算だ。

千八以上で33秒台の脚を使っているのは、ベッラレジーナ、サングレアルのみ。
当然、重い印を打つが、父ネオユニヴァースは切れ負けする前者は少し評価を下げる。

この時季の牝馬はマイル以下しか経験がないことも多い。
マイルなら1分34秒台の決着で、33秒前半の脚を使える馬を探すと、ヌーヴォレコルト、ハープスター、マーブルカテドラル、クリスマスだ。
父ディープインパクトとハーツクライの前2者が印は上となる。

次点は父ハーツクライ、母父ブライアンズタイムのマジックタイムまで。

上がりの速い競馬が向かない、穴人気の馬は消しだ。

◎ 08 サングレアル
○ 10 ハープスター
▲ 09 ヌーヴォレコルト
△ 01 ベッラレジーナ
× 11 マーブルカテドラル
× 16 クリスマス
× 15 マジックタイム
オークスレース後記

オークスは惨敗。

烏丸Sは、三連複軸2頭(8番人気と9番人気)が1着、3着も、2着が抜け...
次こそは、スペシャル寿司コースか焼肉コースだ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード