レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

ロンドン出張(1)

だいぶ時間が経ってしまったが、9月にロンドン出張に行かせてもらったので、今後ロンドンに行く時があればご参考までに見どころをご紹介。

なお今回は、前回のUS出張と違って、飛行機はまともに飛んだので、それほどトラブルはなかったのは良かったのだが...時差のせいかどうか、疲れから風邪をひいてしまってフルスロットルで観光できなかったことが心残りである。

初日は午前便で羽田を発ち、ヒースロー空港に午後着。
そして、とある場所まで仕事の関係でヒアリング。
その後、ウィンザー城の近くのパブで話題交換

windsor Castle

石畳の道路など、趣のある街。
フィッシュアンドチップスは食べずに、野菜系でグビっと。
飛行機では寝れない体質なので、すでに日本から24時間以上覚醒しており、かなりグロッキーに。
同行者はタクシーで寝てしまって、はらはらしながらホテルに。

ホテルは学会会場だったので、選ぶまでもなかったのだが、かなりコストパフォーマンスは低い感じ。
ロンドンは総じて物価が高い

昼間は缶詰でお勉強して、夜は息抜きに外出。
ロンドン市街まで地下鉄(Underground)で。
2~3日市内観光するなら、絶対にオイスターカードがお得
このような公共交通機関のプリペイドカードをはじめ、ほぼ全ての買い物がクレジットカードでOKなのが

ロンドンブリッジ駅まで行って、トルコ料理屋(Tas)さんに突入。

Turkey Dinner

ビールもうまいのだが、お料理がすべて美味しい
イギリス料理は美味しくないということで、あまり期待していなかったのだが、ロンドンのイギリス料理以外はどこもレベルが高かった。

ロンドン橋からタワーブリッジの夜景をパシリ。

Bridge.jpg

ロンドン橋は何の変哲もない、ただの橋で、有名な跳開橋はタワーブリッジだということを、行く前に知った

帰りは時間も遅いし、乗り換えが大変なのでタクシーでホテルへ。
またも、同行者は爆睡。
でも、起きていたらベッグベン、ウェストミンスター寺院などの名所の夜景を楽しめた。

翌日夜は、ピカデリーサーカス付近のレバノン料理(Noura Central)を食べに行こうとするも、どうも閉店したもよう
ロシア料理など探すも、観光客が入りにくい店構えで、入り口の階段に浮浪者が寝ていたりで、この日は男3人で近くのオシャレなイタリアンに
何軒かお店に入って思うのは、ロンドンのウェイター、ウェイトレスは美男美女揃い。
ま、 のストライクゾーンが広いせいなのか、旅行によるドーパミン(アドレナリン?)がそうさせるのかは不明だ。

帰りは二階建てバスに乗ろう!というので、乗り場を探すもこれが結構大変。
乗りたいバス番号が停まるバス停を探す必要があるのだ。
慣れれば簡単なのだが、目的のバス停まで同じ名前のバス停から数分歩くことも。
バスに乗りたい!と言っていた同行者はまたも爆睡
毎度のように起こしてあげて宿に到着。

翌日は、飛行機の予約の都合で一日フリータイム。
の咽頭痛は徐々にひどくなっていくのであった...。

つづく
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード