レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

第151回 天皇賞(春)

フェノーメノが回避しGI馬が2頭となり、シルバーコレクターのウィンバリアシオンにチャンスが回ってきたか。
唯一のGI複数勝ち(5勝)のゴールドシップが断然の実績なのだが、京都の高速馬場では信頼度が落ちる。気分よくマクって突き抜けて圧勝するか、差すも前との差が縮まらない惨敗かだろう。
もう1頭のGI馬キズナも、近走の結果を見る限り古馬の中で群を抜いて強いという印象ではない。こちらは京都は歓迎のクチだが、人気ほどの信頼度はおけない。
勢いのある4歳、5歳馬からいきたいところだが、アドマイヤデウス、サウンズオブアース、フェイムゲームと揃って外枠だ。
淀のマラソンコースは、やはり距離ロスなくスタミナを温存できる内枠が有利だろう。
ここは絶好の枠を引き当てたラストインパクトから入りたい。昨秋に本格化し、有馬記念でもコンマ2秒差なら流れ次第でチャンス十分だ。
大穴には、内から死んだフリから抜け出してくるホッコーブレーヴだ。

◎ 04 ラストインパクト
○ 14 フェイムゲーム
▲ 15 サウンズオブアース
△ 06 ホッコーブレーヴ
× 17 アドマイヤデウス
× 16 ウィンバリアシオン
× 01 ゴールドシップ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード