レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

第152回 天皇賞(秋)

今年も残すところあと2ヶ月。光陰矢のごとしとは良く言ったもの。
年は取れど、お金は貯まらず...JRA貯金の方が溜まるいっぽう...。

今年の秋天の注目は9戦8勝のエイシンヒカリ+武豊が逃げ切るかどうか、そしてそのペースいかんで、差し場があるか、先行残り目となるかだろう。
楽逃げさせると、終いに届かない可能性があり、瞬発力勝負を嫌うイスラボニータ、ラストインパクト、カレンミロティック、クラレントあたりが早めに捕らえに行くとなると、内から脚を伸ばす組は前が空かずに脚を余すケースもあり、外国人騎手と四位騎手はコーナーワークでいかに進路を確保するか腕の見せどころだ。
人気を背負うラブリーデイとて、余り瞬発力勝負で差してくるイメージではない。
一瞬の脚の早い牝馬ショウナンパンドラも、長い脚が使えるかが勝負の分かれ目だろう。
中団やや後方から長い脚を使える差し馬の出番は十分あると見て、ドバイで馬群に沈む手応えでもバテずに粘ったワンアンドオンリーが穴だ。

◎ 01 ディサイファ
○ 02 アンビシャス
▲ 11 ワンアンドオンリー
△ 07 ラストインパクト
× 08 ラブリーデイ
× 14 ステファノス
× 15 ショウナンパンドラ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード