レッドビーシュリンプに惹かれたアクアリウムファン でも時々競馬&音楽

第58回 宝塚記念

上半期を締めくくるグランプリレース。
小頭数となったが、天気(馬場)とコース適性から難解なレースであることは間違いない。
宝塚記念と言えば、GI善戦馬が初めてのGI勝利を勝ち取るレースでもある。
時計のかかるこの時期(馬場)と、内回りの短い直線、急坂、中間の調整から予想を組み立てる。

普通ならサトノクラウンを挙げるところだが、香港も京都も下り坂のカーブから平坦直線のコース形態。
急坂で伸び切れるパワーがあるか不安がある。
事実、前走の大阪杯(GI)でも直線差されている。

ミッキークイーンは阪神コースと道悪が上手であることに加えて、上がりが早い競馬が実は苦手なディープ産駒でもある。
上がり33秒台では勝てないレースが続くが、上がりのかかるレースで渋太く伸びるイメージ。
少頭数で大外を回らなければチャンス十分。

本命は善戦マンのレインボーラインとする。
小回り急坂はステイゴールド産駒が得意とし、どんなレースでもきっちり差してくるマジメさを買う。

瞬発力勝負とならない今回の大穴は、スピリッツミノルとキンカメ産駒のミッキーロケットだ。

◎ 07 レインボーライン
○ 08 ミッキークイーン
▲ 11 サトノクラウン
△ 10 キタサンブラック
× 03 スピリッツミノル
× 01 ミッキーロケット
× 06 シャケトラ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーカスジョー

Author:マーカスジョー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード